ボクが今できることを。

もがき続けるアラフォーが書く悲喜交々

あんまりだった。/「ゲノムハザード」

仕事の忙しさ等々に理由をつけて

更新をしないこと数週間…。

 

 

寒いっす。

外は雪が降っております。

 

 

仕事合間というかストレス発散も兼ねて先日、映画を見てまいりました。

「ゲノムハザード」

映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』公式サイト 2014年1月24日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー

f:id:yamachang418:20140207144215p:plain

 

西島秀俊さんの主演のこの映画

予告編を見てちょっと気になって王様のブランチでちらっとみてちょっとまた気になっていたんで丁度時間があったんで見てみました。

 

ヒトコトで言うと「韓流」でした。

知らずに行ったんで見てから気付いたのですが「韓流」があまり得意ではないボクにはちょっとしんどかったです。

 

ストーリーも深読みしろっていうことなのか分からないですが

一度だけ見るには理解が乏しいアタクシには分かりにくい感じ。

というか最後まで見たら最初からおかしかったスタートなんでそりゃ混乱するわなって感じ。

 

西島秀俊さんは好きなんですけど

ものすごいエエカラダが勿体無いくらいの最後の病状中の演技はちょっと震えすぎじゃろって突っ込みたくなりましたっていうかツッコミました。

 

んー、なんて言ったら100点の表現なんか分からないですが

感覚的にはダメでした。

見終わった感じの残念感が残りました。

多分、ストーリーの構成を期待していたのでしょう。

無理矢理に詰め込む感じと妻が妻が妻を愛している的な要素もダメだったのかもしれません。

 

「韓流ドラマ」好きな方にはオススメかも。

 

それにしても西島さんのカラダすごいっす。

40代とは全く思えませんわ。

 

 

ゲノムハザード (小学館文庫)

ゲノムハザード (小学館文庫)

 

 

 

 

広告を非表示にする