ボクが今できることを。

もがき続けるアラフォーが書く悲喜交々

どっちが喜ばれるんだろ?「はてブ」と「コメント」。

ずっと思っていることがある。

はてなブログを書き出してからしか感じ得なかったことだがブログを書いている人が喜ぶのはどっちだろ?

 

はてブ

「コメント」

 

 

個人的にブログを書いている方が喜ぶのは「はてブ」の数が多くなりそれにつれてアクセス数も多くなる方が嬉しいような気がする。

アクセス数を気にしている人は特にだと思うしなんか特別感がある。

多分、自分もそうかもしれない。

 

 

 

ただ、やりとりを出来たりするのは「コメント」になっちゃう。

これはこれでものすごくと嬉しい。「はてブ」のコメントは返事できなくて眺めるだけだから言いたくても言えないこともある。

「コメント」なら書き込んでくれたことに対して返事も書けるし承認しなければブログに載ることもないしどっちかというとこっちのほうが親近感があるような気がする。

 

 

 

一長一短だよなー。

かと言って、「はてブ」が喜ばれるからと思って「はてブ」でコメントした後に「コメント」欄にまた書くのもね。なんか節操がないような・・・。

それと、「コメント」に書き込むのはより親しくなって感も自分の中であるしなー。

はてブ」はコメント無しで「コメント」欄に積極的に感想を書くようにしようかなー。

 

 

とかとか思いつつ深く考えることもなく思いつくままに感じたことにはどんどん絡んでいったりすることにする。

だって、せっかく購読してるんだから色々と感じることをそのブログから受取るということは読み手さんとしても読んでるということだし、書き手さんにも嬉しいはず。

 

 

「はてな」ではじめるブログ生活―はてな公式ハンドブック

「はてな」ではじめるブログ生活―はてな公式ハンドブック

 
スーパーマリオ ハテナブロック 小物入れ

スーパーマリオ ハテナブロック 小物入れ

 

 

 

広告を非表示にする