ボクが今できることを。

もがき続けるアラフォーが書く悲喜交々

クリスマスに親の偉大さを知る

http://instagram.com/p/iNZ3-HsIig/

メリークリスマス!
イブがあけて今日がクリスマス。

最近はイブの方が盛り上がるという風潮ですけど僕が子どもの頃はやはりクリスマス、25日の朝が一番嬉しい時でした。

物心がつくまではクリスマスの朝には枕元にプレゼントが置いてありました。
僕は純粋でマジメな子どもだったのでサンタさんも多分小学校高学年まで信じてました。
今では何でも自分で調べれる時代ですが当時はオトナしか分からないことってたくさんあったように思えます。


今日、ふと朝起きてやっと気付きました。
親たちの偉大さを。
僕はまだ結婚もしておらずましてや子どももいないんで感じえなかったことなんですが子どもが寝ている間にそっとプレゼントを置く親は素晴らしいです。

僕もサンタを疑ってた時があり、絶対に持ってくるところを確かめてやろうと起きていようと頑張った時があったんですがその時も朝起きたらきっちりプレゼントが置いてました。
ちゃんとサンタしてますよね。


ただ、その当時は正直言うと他の家はクリスマスということで何か好きなものを買ってもらうという家もだんだん増えてきたくらいなのでその方が羨ましいなと感じてた事は事実です。
ウチは裕福な家じゃ無かったので自分の希望とか叶ったことも無いし、その証拠に何をもらったんだかすっかり記憶にありません。

だけど、親として
「サンタさんがいるから良い子にしてたらプレゼントを持ってきてくれるよ!」
というある意味ファンタジー感を持たすことは良い事じゃないかな。


いつか親になった時にはできるだけサンタさんを演じたいと気付いた朝でした。



む、なんか爽やかだなww

クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本)

クリスマスの ふしぎな はこ (幼児絵本)



広告を非表示にする