ボクが今できることを。

もがき続けるアラフォーが書く悲喜交々

カラダの相性が良いと離れないという事実。

http://instagram.com/p/hx60nmsIlm/

 

冬はウチの愛犬がいつも布団の中に入って添い寝してくれます。

そいつにいつも

「俺だけに話しかけてもええんぞ、ん?」

と囁いてます。

今のところまだ話しかけてきません・・・。

 

 

 

オトナになるとある現象でしょう。

オトコにしか無い現象かもしれません。

離れられない女子、忘れられない女子。

当然、好きだったからとか性格良かったからとかであることが普通なのかもしれないですがそうでない場合もあります。

 

そう、カラダの相性の良い女子。

ヒトコトで言うと具合の良い女子。

 

ボクの中でカラダの相性の女子の定義はこんな感じ。

  • 性格があまり良くない
  • エッチさせてくれそうにない
  • ほどほどに感じてくれる
  • 具合が良い。具合が。

こんな女子が忘れられないということが最近分かりました。

ちょっとしたギャップがグッと来るんでしょう。

ものすごい好かれても多分嫌だし、いつでもさせてくれるような女子でも嫌だし、エロ過ぎる女子もなんか嫌なんです。

わがままです。

たいした、テクニックもモノも持っていないですが

こればっかりはいつまでたってもワガママボーイなんです。

 

こういう女子とは疎遠になってもなんとか関係を持ちたくなります。

なんか、快楽が刷り込まれていてカラダが離れたくないって脳に問いかけて理性をぶち越えてきます。

そうなると、恥ずかしさやカッコ悪さも忘れてとりあえずヤりたい最底辺な肉食オヤジに変身します。

何かにかこつけてとりあえずあってやろうとかエロい事ばかり考えて色んな策を講じてしまいます。

でもって会えても出来なかったりしたらオトナなのにハブてます。

正直、こういうことを繰り返しているとこの時が一番最高に萎えますし、そうなる自分を客観的に見て残念なヤツだなと後ろめたい気持ちになります。

 

でも、そうまでしてでも離れられない女子。

自分がイタイ思いをしてでもどうにかしたい女子。

ある程度経験している殿方ならあーわかるわ~と共感して頂けるはず。

 

 

今日は具合の良い女子はサイコーというお話でした。

つい最近、そういう女子に会おうと試みて

クソみたいな扱いを受けて、オコになって気付いたことです。

性欲ってすごいです。

 

 

忘れられない女―李恩恵先生との二十ヵ月 (文春文庫)

忘れられない女―李恩恵先生との二十ヵ月 (文春文庫)