ボクが今できることを。

もがき続けるアラフォーが書く悲喜交々

改めて考えてみた。「結婚」について言ってみる。

http://instagram.com/p/hVI1ifMIjK/

最近、ブログを書いていてとても目について考えさせられている「結婚」について自分なりの「結婚」の姿、理想とかを書いてみようと思う。

 

 

色んな考え方があるんだな

「結婚したくない人」の気持ちがわかりません - 体調わる子の毒吐きブログ

こちらのブログがきっかけで色々と考えさせられました。

結婚している側と結婚してい側の意見はそりゃ違うような気がします。

 

反響があった為、わる子さんは追記で

「結婚したくない人」への謝罪会見 - 体調わる子の毒吐きブログ

ブログが炎上した結果、結婚にこだわっていた理由を再確認できました - 体調わる子の毒吐きブログ

を綴っております。

僕として「言うことはものすごく分かる!」というのは独身なんで言えないです。

結婚してたら言えるかもしれないですし、羨ましいくらいの結婚生活を送られているんじゃないかなと正直思います。

 

それをふまえてこういう記事も

「結婚したくない人」がわからないのは、話聞いてないからでしょ - 大彗星ショッカーのヒマつぶし2

ショッカーさんは多分結婚してないのでしょうからこちらの意見もうんうんと頷けるところもあります。

 

お二人とも有名でブログの読者になっているので目に入ってしまったわけなんですけどね。

 

まずは自分の現状把握から

僕のスペック

  • 現在 30代後半アラフォー
  • 一人暮らし
  • 定職有り
  • 手取り 20万弱
  • 借金有り
  • 顔 普通

贔屓目にみてこんなかんじだと思う。

もちろん、結婚歴は無いし婚約までとかもない。

かと言って長い期間つきあってきた彼女もいないわけではない。

 

結婚したくないわけではない

「結婚願望とかあるんですか?」とかコンパとかでよく聞かれる。

答えは

「今はありません」と普通に言う。

だけど、本心は結婚について考えてもいないわけではないし、結婚して子孫を残すということはヒトとして生きている一つの大きな使命だとも思う。

なので結婚をしたくないわけではないけどこの歳まで結婚せずに生きてきた。

 

「結婚」=「オトナ」になることだと思ってる

個人的な意見として一人の人間、特に男子として結婚して生活をしていくということ、結婚式とかをするまでの段取り、結婚式をすること。

この事が僕の中では最高にオトナになる瞬間では無いのかと思っております。

あの結婚式の最後のお父さん、お母さんへの挨拶をちゃんと出来てそういうことを全てやり通すことでオトナの階段を1ステップ登るんだろうなって友人の結婚式に行く度に思っていました。

たくさんの友人や親族、会社関係を集めて、そのみんなの前で私達を祝ってください。幸せになりますっていうんですよ。

これはもうすごいことだと思うなぁ。

 

「結婚」しない理由

じゃ、なんで結婚しないかというと。(できないのは置いといて)

「苦労をしてまで結婚生活はしたくない!」

ということが一番になる。

この歳になり、結婚生活を送るにあたってまず結婚する相手は年下を間違いなく選びます。

そのお嫁さんになるであろう人にまず生活面で苦労は掛けたくないし、共働きを相手が望むのならそれは良いけどこちらが苦しいからという理由で共働きを強要することはしたくない。

それと、お金のやりくりとかをしながら贅沢をしようとは思わないが節約生活をしなければならない結婚生活は嫌だ。

これは、現在まだ生活水準が上がっていない現状がよく分かるからだし、経済的に厳しい生活を一人でもしてきている人たちなら大きな理由の一つであろうと思う。

 

もう一つ

「我慢して結婚生活を送るのは嫌だ」

ということ。

これは数々結婚していった男子友人たちが結婚した後飲み会とかで集まるごとにことごとくいうのが

「結婚したからお金も使えなくて自由がない」

「自分の時間も取れない」

とか言ってくる。

全部、素直にそうだと思っているわけでもないがいつもそんなにツライ思いをしてまで結婚をするのはどうなんだろと思ってしまうわけで周囲がそうなのかもしれないが

「結婚は絶対にしたらいいよ!するべき!!」って人は周りにあまりいないんだよなー。

 

寂しかったりツラくはないの?

じゃ、結婚しなかったら寂しかったりしないの?

孤独じゃないの?辛くない?老後はどうするんの?

とかとか言われたとして

もちろんそれはそうだと思うけど、結婚したとして同じような事は考えると思うけどって思う。

逆にその責任は一人より大きくなると思う。

「ゴハンを取り分けると美味しく感じる」とかはまあすごくよく分かるし結婚してお家にゴハンができていてとか理想だけどそれは一人で食べても美味しいものは美味しく感じれる自分がいれば良いことであると思う。

それが強がりでも、自分がそう思えれば気にすることは無いのかなと思う。

 

この人からの意見がちょっと聞きたい

今は結婚している人と結婚していない人がが言っているブログとかをみていてこういうことを書いているのだが

一番の意見がちょっと知りたいなという人は

「バツ1、もしくはバツ2の人」の意見かな。

結婚にもできちゃった婚とかもあるし早婚や晩婚もある。

それぞれにみな同じじゃないと思うけど婚約から結婚式、そして離婚まで経験した人にはなんか勝てないんじゃないかなって思う。

そういう人たちはもうひとつ踏み込んだ何かが見えているのではないかと思うけどな。

ただもちろん、結婚して幸せな結婚生活をずっと続けている人が正しいのだと思ってますよ。普通にね。

 

まとめる

「結婚」はしたいしするべきだと思う

ただ、経済的に全く問題が無い状態に限る

これが、僕の「結婚」についての明確な回答だとおもう。

「お金じゃない愛よ」なんて口が裂けても言えない。

「愛があればなんでもできる」とか絶対ない。

じゃあ、なんでもそうだけどしっかり準備した方が良いに限る。

その準備ができない状態で「結婚」に踏み切ることは「無責任」だと思う。

僕はいま結婚の長い準備期間に入っている。

準備完了!って言える人間になることがまずは一番だなと認識出来ました。

 

 

 

 

追記

ノロケれるくらいの結婚生活を言える夫婦はとてもステキな家庭だと思うので結婚して良かったというのはどんどん言えば良いと思います。

一人が良いよというのもどんどん言えば良いと思います。

ただ、こっちが良い、こっちが悪いということは無いのではないかと思いました。

一人ひとり違うし、オトコとオンナでも意見は全く違うでしょうね。

だから「結婚」とか「恋愛」とかについては語られるんだろうなと思います。

 

 

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

この人と結婚していいの? (新潮文庫)

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする