ボクが今できることを。

もがき続けるアラフォーが書く悲喜交々

そうだ!「伝えるチカラ」を身につけなきゃ!!「伝え方が9割」を読んで。

http://instagram.com/p/hDe1seMIrc/

 

高校生の時にサッカー部に入っておりまして緩くなったブリーフの白いパンツを履いていた時にいつもシュートを打っては「こんにちわ」していた青春時代。

当時はやんちゃだったんだな。うん、やんちゃだった。

 

 

そうなんです!真剣に考えてしまったんです。

昨日のエントリーでアクセスが鬼のようにあって唇が青くなるほどパソコンの前で震えてました。

どうしたら良いのは分からないし、もっとちゃんと言いたいこともあったんだ的な反省も踏まえて「伝える力」を少しでも身につけなきゃって思ったんです。

 

読みたくて読んでいなかったこの1冊。

そこで、以前から気になっていた1冊

「伝え方が9割」佐々木圭一さんの本を購入しました。

 

伝え方が9割

伝え方が9割

 

 著者の佐々木さんは

伝えることが苦手ということで理系に入ったのにも関わらず、就職した博報堂でコピーライターとして悪戦苦闘してきた経験からこの本を書いております。

 

 

ここだけの話だけど、誰でも出来るんです。

内容はとても読みやすい本でわかりやすいです。

こんなことで伝えるチカラが増えるのか!って思いますがよくよく考えてみると全部この法則にあたっていたりします。

ちょっとした伝えたいことをすぐに伝えずにちょっと考えて5つの技術に当てはめて作ってみると面白いように心動かす文章が作れたりできそうです。

 

 

実はもう使っております!

このエントリー全体の文章の見出しもすべてこの法則を使って作っております。

なんかちょっと自分で変わったなって感じもします!

これは自己満足で十分だと思いますがこの本は伝えることを仕事とする人にはもちろん、口べたな人や僕みたいに何も考えずにすぐに声に出す人には是非ともおススメな1冊だと思います。

 

最後に文中から素晴らしい5行を引用させてもらいます。

言語が違っても、「サプライズ」があると人はドキドキします。

人種が違っても、「ギャップ」があると人は感動します。

地域が違っても、「赤裸裸」なものに人は引き込まれます。

国が違っても、「リピート」があれば記憶に残ります。

文化が違っても、「クライマックス」に注目します。

以上。

ブログを書かれる方はおっ!と思ったら読んでみてください。

損は無いと思います。

 

 

広告を非表示にする